障害対応工数を削減しサービス品質向上するシステムの予兆分析とは

~JENNIFERによるアプリケーション性能改善についてのご紹介~

~Webサービスのパフォーマンス悪化によるビジネス機会の損失、ユーザクレーム対応にお悩みの方へ~

アプリケーションの障害対応に多くの工数を割いていませんか?
本セミナーでは、アプリケーション性能管理(APM)製品JENNIFERにより、アプリケーションの可視化による課題解決や、
サービス品質を向上するための予兆分析のポイントをお伝えします。


開催概要

日時 2018年12月11日(火) 15:00~17:00 (受付開始 14:45)
会場
東京都千代田区九段北4-2-1
都営地下鉄 新宿線 市ヶ谷駅 A4出口より徒歩1分
東京メトロ 有楽町線 市ヶ谷駅 より徒歩4分
東京メトロ 南北線 市ヶ谷駅 より徒歩6分
(A4出口へは各路線より地下通路にて移動可)
    または
JR 市ヶ谷駅 より徒歩4分
定員 24名 申込受付中
対象 経営企画部門、情報システム部門、システム企画部門、品質管理部門、システム開発者、システム運用部門
関連製品 JENNIFER
コースカテゴリ
主催 株式会社アシスト
共催
協賛
参加費 無料
申込期間 2018年12月11日(火) まで
注意事項 ・競合他社様や個人でのご参加は、お断りすることがございますのでご了承ください。
・ご記入いただいた個人情報は、本セミナーに関するお客様へのご連絡など、
 本セミナーの開催運営を目的として利用いたします。
・当該個人情報は、セミナー内容の改善のため、株式会社アシストのみが取り扱い、
 弊社の個人情報保護方針に基づき、厳重に管理します。

プログラム

プログラム

1.性能劣化が即座にわかるアプリケーション性能管理『JENNIFER』の効果とは
アプリケーション課題は特に発生していないから問題ない、インフラ監視は行っているから大丈夫、と考えていませんか?サービス提供の核となるアプリケーションをモニタリングし、即座に対応することが高品質なサービス提供につながります。機会損失の予防からビジネスへの貢献まで活用いただけるJENNIFERを、デモンストレーションを交えてご紹介します。

2.アプリ品質を向上するための具体的な取り組みとは
アプリケーション品質の状態は、リリース前だけではなくリリース後の継続利用時にも確認していくことが重要です。開発フェーズから運用フェーズまで継続利用し、システムの安定稼働に取り組まれているユーザのアプリケーション最適化手法や、リリース前の対応ポイント、リリース後の予兆分析方法の例をご紹介させていただきます。


お問い合わせ

 株式会社アシスト システム基盤技術統括部 セミナー事務局
 TEL:03-5276-5565
 東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル