【大阪】護るべきデータは、データベースにある!

データベース セキュリティ対策 紹介セミナー

あらゆる企業や組織では、情報漏えい、標的型攻撃、サイバー攻撃、マイナンバーの利用監査、PCI DSS準拠、EU一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)、内部統制(改ざん防止)等々への対策として、年々、セキュリティ強化が求められています。
いずれの脅威(リスク)への対策であっても共通して言えることは、組織の内部や外部の不正から重要なデータを護ることになります。

護るべき重要なデータは、データベース内に格納していることがほとんどですが、データベースのセキュリティ対策は、後回しになっていませんか?

本セミナーでは、護るべき重要なデータを格納しているOracle Databaseのセキュリティを強化する際の考慮点と具体的な方法についてご紹介します。

また、データベースセキュリティソリューションのツールとして、「PISO」や「Oracle Advanced Security Option」についてもご紹介します。


開催概要

日時 2018年6月13日(水) 15:00~17:00 (受付開始 14:30)
会場
定員 40 申込受付中
対象 情報システム部門、データベース担当者、セキュリティ担当者
関連製品 OracleDatabase、PISO
コースカテゴリ
主催 株式会社アシスト 西日本支社
共催
協賛 株式会社インサイトテクノロジー
参加費
申込期間 ~2018年6月12日(火) 17:00
注意事項 ・事前のお申込が必要となります。(参加費無料)
・競合他社様、個人でのご参加は、ご遠慮いただいております。
・プログラムは、予告なく変更する場合がございます。予めご了承願います。

プログラム

15:00 〜 16:00

護るべきデータは、データベースにある!

Oracle Databaseのセキュリティを強化する際の考慮点と具体的な方法についてご紹介します。
・データベースのセキュリティ対策
・データベースへのアクセス制御
・データベースへのアクセスログ取得
・データベースの暗号化

株式会社アシスト データベース技術本部

16:00 〜 16:10

休憩

16:10 〜 17:00

データベース・セキュリティ ソリューション「PISO」のご紹介

国内シェア9年連続No.1のデータベースセキュリティ製品『PISO』についてご紹介します。
株式会社インサイトテクノロジーは、データベースに対する高い技術力で世界に挑戦する、テクノロジーカンパニーです。データベースに特化したコンサルティングサービスの提供や、ソフトウェア開発を行っており、製品・サービスの採用実績は3,000社を超えています。
PISOは、インサイトテクノロジーが開発しているソフトウェア製品です。

株式会社インサイトテクノロジー

17:00 ~

終了後、質疑応答

 
 


お問い合わせ

 株式会社アシスト セミナー事務局 
 TEL:06-6373-7113