[191003T]レガシーシステムをどのようにマイグレーションし、未来に備えるか?

~「2025年の崖」の克服と、DXの本格的な展開のために~

時代が進むにつれ、ビジネスのあり方そのものが変化しつつある現在、
ITシステムもビジネスに追従するよう変革が求められています。
経済産業省刊行の「ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開」レポートでも明記されているように、将来を見据え、DXを本格的に展開するためには基盤となる「変化に追従できるITシステム」が必須で、
このためには該当部分のレガシーシステムを高度ITに追随できるように変えて行かなくてはなりません。
本セミナーでは、硬直化したレガシーシステムを「変化に追従できるITシステム」に変革するためのアプローチ方法や活用技術について、事例を交えながらご紹介します。


開催概要

日時 2019年10月3日(木) 14:30~17:00 (受付開始 14:00~)
会場
東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル

 都営地下鉄 新宿線  市ヶ谷駅 徒歩1分(A4出口)
 東京メトロ 有楽町線 市ヶ谷駅 徒歩4分(A1出口)
 東京メトロ 南北線  市ヶ谷駅 徒歩4分(A1出口)
 JR中央線/総武線  市ヶ谷駅 徒歩4分
定員 30名 申込受付中
対象 1) AS/400等レガシーホストを運用中の情報システム部門の方
2) DXに向け、レガシーコンバージョンを検討段階の情報システム部門の方
関連製品 Progress Corticon、WebPerformer
コースカテゴリ
主催 株式会社アシスト
共催
協賛 キヤノンITソリューションズ株式会社、株式会社 第一コンピュータリソース
参加費
申込期間 2019年8月27日(火)~2019年10月2日(水)
注意事項 ・競合他社様/個人でのご参加は、お断りすることがございますので、ご了承ください。

・ご記入いただいた個人情報は、本セミナーに関するお客様へのご連絡など、
 本セミナーの開催運営を目的として利用いたします。

・アシストグループは、本イベントの協賛、協力、出展企業に当該企業からの取扱商品/サービス、
 あるいはマーケティング関連情報の提供を目的に、お客様の個人情報を提供する場合があります。
 個人情報の取り扱いについては、厳正な契約を交わした上で個人情報を提供します。

プログラム

14:30~14:40

ご挨拶

株式会社アシスト

14:40~15:10

塩漬け寸前のレガシーシステムをモダナイズ
〜「攻めのIT 」実現のために~

長年改修を繰り返してきた基幹システムはブラックボックス化しがちで、モダナイゼーションしようにも
見積さえ出来ないケースが少なくありません。
本セッションでは、基幹システムを再生する「進化したマイグレーション」の実施方法を、
事例を交えたかたちでのご紹介とさせていただきます。

株式会社 第一コンピュータリソース

15:10~15:50

業務システムの脱ブラックボックス化へのチャレンジ
〜超高速開発プラットフォーム「Web Performer 」のご紹介~

長期にわたり運用・蓄積してきたレガシーシステムは、スパゲッティコード化や有識者の退職など、ブラック
ボックス化した業務システムへの対応が深刻な課題となっています。
その課題を解決する近道として「Progress Corticon」 と連携する「Web Performer」を利用したシステム開発を
ご提案します。 本セッションでは、なぜ今超高速開発が必要なのか、その真の実力をデモを交えてご紹介します。

キヤノンITソリューションズ株式会社

16:00~16:40

変化への追従力を高める刷新後のシステム内製とは?
~刷新後の再レガシー化を防止し、変化に強い柔軟なシステムを内製する~

レガシー刷新後のシステムに求められる要件は、迅速な改修とその継続です。これを怠たったレガシーシステムマイグレーションはDXに繋がらず、再レガシーシステム化する恐れがあります。
本セッションでは、 DX時代のキーファクター「変化に追従するシステム」について、Progress Corticonの活用事例を
交えながらわかりやすくご説明します。

株式会社アシスト

16:40~17:00

質疑応答&個別相談会

 
 


お問い合わせ

 株式会社アシスト セミナー事務局 
 TEL:03-5276-3653
 東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル