検索結果

【 2件中 1 - 2件を表示 】
  • アシスト テクニカルフォーラム

    [211013T]アシストテクニカルフォーラム2021

    2021-07-07 00:00 :: 2021-10-29 23:55

    ~ ビジネス・イノベーションを支えるITへ ~

    • 開催日ライブ配信:2021年10月13日(水)~10月14日(木)、オンデマンド配信:10月18日(月)~10月29日(金) 
    • 開催地 
    [211013T]アシストテクニカルフォーラム2021 ~ ビジネス・イノベーションを支えるITへ ~ 市場の変化を素早くとらえチャンスに変えられるかが、ビジネスの鍵となります。
    本イベントでは、全54セッションを通して、現場のなかで磨かれてきた、
    ビジネスチャンスを生み出すキーテクノロジーやソリューションを皆様へお届けします。 競合他社様・個人でのご参加は、お断りすることがございますのでご了承ください。

    今回ご提供いただく個人情報は、アシストグループの個人情報保護方針に基づき厳重に管理します。
    アシストグループ個人情報保護方針: http://www.ashisuto.co.jp/privacy/ 株式会社アシスト
    未来を実装する ―― 2020年代のデジタル技術の社会実装の方法論
    東京大学 FoundX ディレクター 馬田 隆明 氏
    馬田 隆明 氏
    2010年代のIT業界では、「Disrupt(破壊)」や「Move Fast, Break Things(早く動いて物事を壊す)」という言葉が繰り返し触れられ、スタートアップのような破壊者によって社会や産業が作り変わることに期待と不安が入り混じっていました。
    しかし2020年代になり、その様相は変わってきています。デジタル技術は社会に広く普及した一方で、その影響力の大きさから規制の対象となりつつあります。そしてデジタル産業の責任が増すことにより、より成熟した産業としてのやり方を身に着ける必要が出てきているようです。
    本講演では、2021年に出版した『未来を実装する』を基に、2010年代後半から変わりつつあったデジタル技術の新たな社会実装の方法論を、インパクト、リスクと倫理、ガバナンス、センスメイキングの四つのキーワードを中心に、事例を踏まえて解説します。そして2020年代のデジタル技術の社会実装を、かつてのような破壊的な方法ではなく、調和的な「社会との実装」という形で提案します。
    《プロフィール》
    University of Toronto卒業後、日本マイクロソフトを経て、2016年から東京大学。東京大学では本郷テックガレージの立ち上げと運営を行い、2019年からFoundXディレクターとしてスタートアップの支援とアントレプレナーシップ教育に従事する。スタートアップ向けのスライド、ブログなどで情報提供を行っている。著書に『逆説のスタートアップ思考』『成功する起業家は居場所を選ぶ』『未来を実装する』。


    DX第二回戦は日本にチャンス、非連続変化を活かす戦略デザイン
    IT批評家 尾原 和啓 氏
    尾原 和啓 氏
    GAFAMが時価総額合計で東証一部企業全体の価値を超える中、日本にチャンスは無いのでしょうか?
    オンラインとオフラインの境目がなくなり、ネットがリアルを全て包み上書きしていくアフターデジタル時代が到来しています。デジタルの本当の変革は5G/IoT/VR/AIとリアル・デジタルあらゆるものをつなぎ、つながりが掛け算で非連続な変化DXとして産業構造を破壊的に変革していってます。
    シリーズ15 万部超の『アフターデジタル』や、東芝最高デジタル責任者島田太郎と描いた『スケールフリーネットワーク』の共著者 尾原が日本にあるDXのチャンスを海外事例を紹介しながら構造化します。
    《プロフィール》
    京都大学院で人工知能を研究。マッキンゼー、Google、iモード、楽天執行役員、2回のリクルートなど事業立上げ・投資を専門とし、経産省 対外通商政策委員、産業総合研究所人工知能センターアドバイザー等を歴任。現在13職目、近著「アフターデジタル」は11万部、元 経産大臣 世耕氏より推挙。「プロセスエコノミー」はAmazon書籍総合1位。
    https://obarakazuhiro.jp/

    Oracle Database Appliance,Postgres Plus,DWH,ODA,Vertica,DMExpress,Oracle,Oracle Cloud,Oracle12c,検証,DODAI,Oracle Database 12c,12c,QlikView,Qlik Sense,Ericom,HPテスト製品,CA Privileged Identity Manager,特権ID,CA Shared Account Manager,SAM,PAM,CA Privileged Access ManagerJP1,秘文,yarai,FFR,Cylance,PROTECT,JENNIFER, WebFOCUS,Dataspider,Syncsort DMExpress,Progress Corticon,LogRevi,Logstorage,アシストテクニカルフォーラム,テクニカル、フォーラム,security,BDS,セキュリティセミナー,セキュリティ・ソリューション,ライブ配信 オンライン開催
  • アナリティクス

    【ウェビナー】ルールベースAI「Progress Corticon」オンライン体験ウェビナー(オンデマンド配信)

    2021-01-01 00:00 :: 2035-01-01 00:00

    • 開催日常時(視聴時間:約120分) 
    • 開催地 
    【ウェビナー】ルールベースAI「Progress Corticon」オンライン体験ウェビナー(オンデマンド配信) 本ウェビナーでは、人による意思決定を素早くシステム化できる「Progress Corticon」の操作性をご体験いただけます。

     ●オンデマンド配信のため、お好きな時に講義動画を閲覧いただけます。

     ●本ウェビナーにお申し込みいただきますと、
      「【アシスト】セミナー申込受領のお知らせおよび事前準備のお願い」メールが配信され、
      事前にご準備いただく内容の詳細を記載しております。
      ご自身の PC環境に評価版をインストールしていただく必要がございますので、
      講義動画の視聴前にご準備いただきますようお願いいたします。
      ※インストール方法の詳細は、お申し込み後にご案内いたします。
      ※インストールは数分で完了し、初回起動時から、90日間ご利用いただけます。

     ●受講 PCの推奨環境について、評価版のご利用には、以下のいずれかのOSを搭載した受講 PCが必要となります。
      ・Microsoft Windows 10 x86 64-bit
      ・Microsoft Windows 8.1 x86 64-bit


    [Progress Corticonとは]
    \ 複雑な業務を自動化して、組織全体の業務最適化を実現 /
     Progress Corticonは、業務ルールをアプリケーションから独立して管理、
     実装、運用することで、人による意思決定を素早くシステム化できる製品です。

     ●業務に潜む「人による判断」を自動化して、生産性を上げたい
     ●ルールの変更があった場合、誰でも簡単にメンテナンスさせたい
     ●多岐にわたるビジネスルールを一元管理して、運用を効率化したい

    このような方に、おすすめしております。 ※本ウェビナーは、オンデマンド配信となります。ウェビナーにお申し込みいただきますと、
    「【アシスト】セミナー申込受領のお知らせおよび事前準備のお願い」メールが配信され、
     事前にご準備いただく内容の詳細を記載しております。
     ご自身の PC環境に評価版をインストールいただく必要がございますので、
     講義動画の視聴前にご準備をお願いいたします。

    ※講義動画の視聴ができないなどの問題がございましたら、別端末でお試しいただきますよう
     お願いいたします。


    ・ウェビナーの録画、録音、撮影は、固くお断りいたします。

    ・競合他社様、個人でのご参加は、お断りすることがございますので、ご了承ください。

    ・ご記入いただいた個人情報は、本セミナーに関するお客様へのご連絡など、
     本セミナーの開催運営を目的として利用いたします。

    ・アシストグループは、本イベントの協賛、協力、出展企業に当該企業からの取扱商品、サービス、
     あるいは、マーケティング関連情報の提供を目的に、お客様の個人情報を提供する場合がございます。
     個人情報の取り扱いについては、厳正な契約を交わした上で個人情報を提供いたします。


    [評価版、教材などのダウンロードについて]
     ファイル容量の都合上、ダウンロードにお時間を要する可能性がございますので、
     お早目にご準備いただくことを推奨いたします。

    [受講PCの推奨環境について]
     評価版のご利用には、以下のいずれかのOSを搭載した受講PCが必要となります。
     ・Microsoft Windows 10 x86 64-bit
     ・Microsoft Windows 8.1 x86 64-bit

    ●業務ルールが多く、その管理や運用を効率化されたい方
    ●日頃の確認作業や人的ミスを防ぎ、作業品質を向上されたい方
    ●Progress Corticonの製品詳細をお知りになりたい方 株式会社アシスト Progress,Progress Corticon,情報活用,BRMS,brms, progress,PROGRESS,prcc_seminar,prcc_handson,推論型AI ,AEDAN,ルールベースAI,ウェビナー オンデマンド配信(24時間いつでもご覧いただけます)